コンセプト
  • Top
  • >> コンセプト

かどやのこだわり

名物トルコライス

トルコライス写真

当店のトルコライスは、昭和28頃に先代が通った、当時渋谷にあった「渋谷食堂」を模範にして、30年程前からメニューに登場致しました。
渋谷食堂スタイルのトルコライスは、東急東横線沿線や武蔵小杉のレストラン等でポピュラーなメニューでしたが、いつの間にか希少な存在となった様です。
少なめの油で玉ねぎを炒め、中火でごはんをほぐし、味が馴染んだら3万キロカロリー のガスバーナーを全開にしてからケチャップを一気に入れて水分を飛ばしたケチャップライスは、ごはんの粘りを最小限に抑えた仕上がりを心がけています。

3代目の感覚と致しましては

昆布の写真

開店当初からの鶏がらと豚ゲンコツに加え、1時間以上炒めた玉ねぎ、干し椎茸の戻し汁、蔵囲い利尻昆布、羅臼昆布を1時間60度のお湯で出しを取り、甘味とコクを加えたスープを更に7時間煮出しました。
このスープで作った、甘酢たれ、味噌たれ、カツ丼などの甘辛醤油たれ、カレーなど、様々なお客様のお口になじむ基本のスープは、毎日情熱を注いで作っている自慢のスープです。

名物トルコライス

お酒の写真

唐揚げには、レモンが利いた角ハイ!
餃子には、すっきりミントが香る甘さ控え目のモヒートを!
麻婆の辛さには、ほんのり甘い白州ハイボールを!
牛バラの角煮や酢豚の油っこい物が食べたい時には、エビスプレミアムブラックを! 締めにラーメン!これが重たすぎる時には、バニラアイスのホットカルーア掛け!カルーアをお玉でフランべし、アルコールを飛ばし香ばしさも加わったカルーアとバニラアイスの相性は、飲んだ締めにも最高です。
是非ともご一緒に!いかがでしょうか?

代々使い続ける道具の数々

  • 器写真

    代々引き継がれる塩を入れるための器。内側に書かれている電話番号は、なんと4ケタ!

  • 椅子写真

    こちらも先代より使い続けられる年季の入ったイス。背もたれ部分は長年の使用によりイイ味出てます。

絶品トルコライス 相性抜群ハイカラセット 店主の偏見
住所
神奈川県川崎市中原区 小杉町3-1501 セントア武蔵小杉7-101
電話番号
044-722-2980
営業時間
[月火水]11:30~14:30
18:00~20:30
[金]11:30~14:30
18:00~22:00
[土]11:30~14:30
17:00~20:00
定休日
木曜日・日曜日
祝祭日
クレジット不可